Home ルーレット ルール

ルーレット ルール

ルーレット ルール

ルーレットのルールと攻略法を徹底解説!

オンラインカジノで手軽に楽しめるゲームがルーレットです。投げ入れたボールがどのポケットに落ちるのかを予想して賭けるだけなので、誰でもすぐに遊べるでしょう。ルーレット ルールと賭け方、そして攻略法についても詳しく解説します。

ルーレットのゲームの流れ

ルーレット

カジノ ルーレットはどのような流れでプレイするのかを簡単に説明します。

まずはルーレットのテーブルを選んで席に座ります。オンラインカジノは席数に制限がありません。テーブルによってベット(チップを賭けること)できる金額の範囲が違う点に注意しましょう。それぞれ、ベットできる最少額と最大額が表示されています。

テーブルを選んだらベット受付になるのを待ち、ベット受付が始まったらテーブルの好きなところにチップを置きます。ベット受付の時間が終わればディーラーは「ノーモアベット」と宣言し、ホイールを回転させてボールを投げ入れます。

ボールがポケットに落ちて、チップを置いた場所の数字と同じであれば当たりです。賭け方により異なる配当倍率に応じた配当金を受け取ります。外れたらそのままチップは回収され、次のゲームに移ります。

  1. ゲームの種類や賭け金の範囲に応じてテーブルを選ぶ
  2. ベット受付開始、ルーレットテーブルの賭けたい数字やエリアにチップを置く
  3. ディーラーが「ノーモアベット」と宣言、ベットが締め切られる
  4. ディーラーがホイールを回転させ、ボールを投げ入れる
  5. ボールがポケットに落ち、当たっていた人に配当のチップが支払われる。(外れたベットのチップはディーラーに回収される)

ベットするチップ量 (金額)を決める

プレイするルーレットのテーブルを決めたら、まずはチップをベットします。オンラインカジノの場合にはチップを金額ごとに選択できるようになっています。

ベットできる金額の範囲はテーブルごとに違うので、初心者の方は最低ベット額が低いテーブルを選びましょう。チップの金額は0.1ドルから選べるので、たとえば0.5ドルをベットする場合には0.1ドルを選択して賭けたい場所で5回タップすればベットできます。

ベットする場所を決める

ルーレットはテーブルに賭ける場所が書かれているので、好きなところにチップをおけばベットできます。複数の場所に同時にチップを置けますし、金額もそれぞれ好きな額にできます。

ただしオンラインカジノではルーレットのルールとして、「すべてのベットエリア(賭けられる場所)」にチップを置くことは禁止しています。あるいは37個(または38個)の数字のうち90%以上置くのはNGなどと定めています。

こまかなルーレットのルールはオンカジごとに違うので、事前に利用規約をチェックしておきましょう。

ルーレットのルール

それでは詳しくルーレットのルールを解説します。ルーレットのルールでは次のようにさまざまな賭け方があります。配当は当たった時に受け取る勝利金で、賭け金に対する倍率です。ここから賭け金を差し引いた額が利益となります。

ルーレットの賭け方
番号賭け方特徴配当当選 確率
ストレートアップ1つの数字のみ(1~36、0)36倍2.7%
スリップ隣接する2つの数字18倍5.40%
ストリート1列の3つの数字12倍8.10%
コーナー4つの数字9倍10.81%
ダブルストリート2列6つの数字6倍16.21%
フォーナンバー0,1,2,3の4つの数字9倍10.81%
ダズン12個の数字3倍32.43%
カラム(コラム)12個の数字3倍32.43%
レッド・ブラック赤 or 黒2倍48.64%
ハイ・ローハイ(19〜36) or ロー(1~18)2倍48.64%
オッド・イーブン奇数 or 偶数2倍48.64%

複数の数字に賭けた場合、そのどれかにボールが落ちれば配当を獲得します。

ダズン・ベットは「1ST12」と「2ND12」、「3RD12」の3箇所にベットできます。カラム(コラム)ベットは「2TO1」と表示されている3箇所にチップを置きます。

①から⑥は「インサイドベット」、⑦から⑪は「アウトサイドベット」と呼ばれます。

ルーレットの確率

ルーレットのルールでは賭け方により当たる確率が大きく異なります。

オッズの算出方法は、37(あるいは38)のポケットのうち、いくつのポケットにベットしているかにより計算できます。たとえば「ダズン・ベット」は12個の数字にベットするので、ヨーロピアンルーレットでの当選確率は次のようになります。

12÷37×100=32.43(%)

ルーレットの倍率

勝った場合に賭け金の何倍の配当が出るか、ルーレットの倍率は賭け方により異なります。たとえば10ドルを「ストレートアップ」で数字の「25」にベットして、ボールが「25」のポケットに落ちれば当たりとなります。ストレートアップの倍率は36倍なので、受け取る配当金は10ドル×36で360ドルとなります。

ルーレットで禁止の賭け方

ルーレットに、禁止されている賭け方があるのを知っていますか?次のような賭け方は禁止されています。

2ティアベット

「赤・黒」「奇数・偶数」「ハイ(19~36)・ロー(1~18)」など2択の賭け方で、その両方に賭けるというもの。

オールナンバーベット

全ての数字に賭けるというもの。0~36の全ての数字にチップを置いたり、ダズンやコラムのように3つに割り振られた賭け方で3つとも賭けるというもの。

なぜこれらの「全ての可能性をカバーする賭け方」(0は除くとしても)が禁止されているのでしょうか。

このような賭け方をすると、利益は出ないものの、賭け金とほぼ同額の配当金を受け取れる事になり、入金したキャッシュをほぼそのまま勝利金として引き出すことが可能となります。これはマネーロンダリングに利用される可能性があるため、カジノでは禁止行為としています。

またオンラインカジノではボーナスが貰えることがよくありますが、出金するためにはボーナス金額の20倍~40倍程度の賭けを行う事が条件になっている場合が多いです。このような賭け方はボーナスの出金条件をクリアする目的とみなされ、禁止されています。

ルーレットの用語

ルーレットで使われる主な用語をチェックしておきましょう。

ディーラー

ゲームを進行させるカジノのスタッフです。オンラインカジノでは「ライブカジノ」でスタジオにいるディーラーがゲーム進行させる様子をライブ配信しています。

プログラムで動作する「テーブルゲーム」のルーレットにはディーラーはいません。プレイヤーがチップを賭けると、自動的にゲームが始まります。もちろん結果はランダムに決まり、不正や不具合などはありません。

ホイール

ディーラーがボールを投げ入れる「回転盤」のことです。この回転盤の内側には、1番外側に「ボールトラック」と呼ばれる玉が転がる部分があります。その内側には数個の「デフレクター」と呼ばれる出っ張りがあり、玉が当たることで不規則にその方向が変わるようになっています。

デフレクターの内側には数字が書かれています。その数字の内側に「ポケット」があり、ここにディーラーが投げ入れた玉(ボール)が落ちる仕組みになっています。

テーブル

ルーレットはホイールのほかに「テーブル」と呼ばれる部分があります。ここに数字などが書かれていますが、チップをベットする時はこのテーブルにそのチップを置くようになっています。

さらにテーブルには数字が書かれた「インサイド」と、数字以外にチップを賭ける「アウトサイド」というものがあります。

ポケット

ルーレットのホイール(回転盤)には37個または38個の「ポケット」があります。37個の「ヨーロピアンルーレット」は1から36までと「0」の37個の数字がポケットに書かれています。

38個の「アメリカンルーレット」にはさらに「00」の数字が加わります。オンラインカジノでよく見るのは、37個のポケットがあるヨーロピアンルーレットです。

ルーレット盤の数字が書かれたポケットには色が塗られています。「0」(「00」も)には緑が、1から36の数字には赤と黒が18個ずつ塗られています。チップを賭ける(ベットする)時には、この色を対象にすることもできます。

オンラインカジノのルーレットの種類

オンラインカジノで遊べるルーレットの種類を紹介します。

オンカジのルーレットの特徴

オンラインカジノのルーレットは「ゲームプロバイダー」が開発し提供しています。つまり、同じゲームプロバイダーと提携していれば、違うオンカジでも同じルーレットが楽しめることになります。どのようなタイプのゲームであれ、オンカジではブラウザ上で遊べるウェブルーレットなので、ソフトをダウンロードする手間もなくすぐに遊ぶ事が出来ます。

ライブカジノのルーレット

ライブカジノのルーレットはスタジオでゲームを進行させているディーラーの様子をリアルタイムでライブ配信しています。その様子を見ながらプレイヤーはベットできる仕組みです。ルーレットのルールは通常のものと同じです。

ディーラーは一定時間ごとに交代するので、テーブルごとに違うディーラーがゲームを担当します。本物のカジノのような雰囲気を楽しめるのがライブカジノの特徴です。

またライブカジノのルーレットは、それまでの出目が表示されているので、データ分析に利用できます。

ライブカジノではルーレットのルールとしてベットできる時間に制限があります。チップ額の選択とベットする場所を間違えないように注意しましょう。

コンピュータ対戦型のルーレット

コンピュータ対戦型のルーレットは、プログラムで動作するテレビゲームのようなものです。ディーラーがいないので、プレイヤーがベットし「スピン」をタップすればホイールが回転しボールが投げ入れられます。

ポケットに落ちるタイミングはランダムに決まるので、本物のルーレットと同じルールで楽しめます。

オンカジで遊べる様々なルーレットゲーム

スピードルーレット

ベットできる制限時間が短いルーレットです。通常のルーレットと同じルールになります。ディーラーがゲーム進行させるものと、ディーラーが不在の「オートルーレット」の両方にあります。

オートルーレット

ディーラーが不在のライブカジノで楽しめるルーレットです。ボールは自動的にホイールに投げ込まれる仕組みとなっています。

最少ベット額が0.1ドルからと少ない資金でもプレイできるので、初心者にもおすすめです。

ライトニングルーレット

1ゲームごとにランダムに決定される数字(ラッキーナンバー)で当たれば配当が増加するルーレットです。ただし、ストレート・ベットの場合にはラッキーナンバー以外の数字で当たると配当が36倍から30倍に減少するので注意しましょう。

イマーシブルーレット

ポケットにボールが落ちる瞬間がスローモーションでリプレイされるタイプです。ルーレットのルールそのものは通常のルーレットと変わりません。

インスタントルーレット

同時に12個のホイールを使うルーレットです。ボールは自動的にそれぞれのホイールに投入され、ベットしてから最初にボールが落ちたホイールで当たり外れが決定します。

ルーレットの攻略法

ルーレットのルールと攻略法

ルーレットには長い歴史があり、その歴史の中で様々なルーレット必勝法と言われる攻略法が生み出されてきました。

ルーレットの攻略法が役立つ理由

ルーレットはランダムに結果が決まるので、どのように予想しても当たり外れはランダムに決まります。そうはいっても、賭け方によっては外れ続けることもあります。

たとえば1点賭けのストレート・アップのみでベットしていては、当たる確率は37分の1なので外れ続けることにもなるでしょう。

そこで当たり外れの回数を同数に近づける、あるいは損失が膨らまないようにするための攻略法が必要となります。

出目の偏りを利用したルーレットの攻略法

ライブカジノでは出目のデータを確認できます。そこにたとえば、「赤と黒」のそれぞれが出た回数の割合が表示されています。

赤も黒も出る確率は同じなので、長期的にはその回数も同じに近づくと考えられます。つまり片方の出目が多いということは、もう片方の出目が多くなると考えられるのです。

そこで出目の偏りを利用し、たとえば赤が43%で黒が55%となっている時に赤のみにベットするという方法があります。これは当たり外れの回数を同数に近づける方法のひとつです。

システムベットを利用する

システムベットは賭け金を増減させることで、損失が膨らむのを防ぐ攻略法です。

たとえば「ダランベール法」というシンプルな方法なら、誰でも簡単に実行できます。これは負けたら賭け金を増やして勝ったら賭け金を減らす方法です。たとえば1ドルずつ増減させるという形になります。

先の出目の偏りを利用してどこにベットするのかを決めておけば、負け続けることは回避できます。その上でダランベール法を運用するのもよいでしょう。

その他、マーチンゲール法やココモ法といったルーレット必勝法があります。まずは無料のルーレットアプリなどでその効果を試してみるのもおすすめです。

ルーレットに関するFAQ

ルーレットのルールを全て覚えていなくてもプレイできる?

好きな金額分のチップを好きな所に置けば良いので、ルールを知らなくてもゲームに参加する事は可能です。次は「赤」にボールが止まると思うから「赤」に賭けよう、というだけでも十分ルーレットを楽しむ事ができます。ただし、複数の数字にまとめて賭けるベット方法や、その当たる確率、勝った場合のルーレットの倍率などを知っていると、より楽しむ事ができます。

ルーレットのベット額はどのくらい?

オンラインカジノはライブカジノもプログラムで動作するテーブルゲームも0.1ドルからベットできます。ただしオンカジによってルーレットを提供しているゲームプロバイダーが異なるので、最低ベット額に違いがあります。

ルーレットでベットできる時間はどのくらい?

オンラインカジノのテーブルゲームには制限時間がありません。ライブカジノはテーブルによって違いますが、20秒から30秒程度となっています。

オンカジのルーレットにイカサマはない?

オンラインカジノで提供するルーレットは第三者機関によるチェックを受けているので、プレイヤーが不利となるような不正はありません。

ルーレットは連続で何回負けることがある?

たとえば「赤」または「黒」に賭け続けた場合、10回以上同じ色にボールが落ちることがあるので負け続けることがあります。公式記録では1913年にモンテカルロのカジノで「黒」に連続して27回ボールが落ちています。

なぜすべてのベットエリアにチップを置いてはいけないの?

すべてのベットエリアに同額のチップを賭けると賭け金とほぼ同額の配当金を受け取れるので、入金したキャッシュをほぼそのまま引き出すことが可能となります。これはマネーロンダリングに利用される可能性があるため、カジノでは禁止行為としています。

ルーレットのルールは簡単なので、誰でもすぐに楽しめます。ただし賭け方がいろいろとあるので、どこにベットするのか迷うかもしれません。またオンラインカジノのライブカジノでは、制限時間内に賭ける必要があります。まずは少額で楽しめるテーブルでプレイして慣れるとよいでしょう。